道央

2019年つどーむ雪祭り会場

札幌で雪祭りがはじまった1970年。

地元の中高生が6体の雪像を作ったことから始まりました。

そして、今年は、70回目の開催となります!

2019年つどーむ雪祭り会場

つどーむ会場では、体験型雪祭りとして、巨大滑り台や、
トンネルなどたくさんのアトラクションを楽しむことができます

つどーむ雪祭り会場

期間1月31日(木)から2月11日(月・祝)まで

時間9:00~17:00(※一部アトラクションは16:00まで)

場所札幌市スポーツ交流施設 コミュニティドーム(愛称:つどーむ)

 

雪だるまがたくさん並んでいました。
雪だるまの由来を知っていますか?
雪で作った人形が達磨に似ていることから、縁起物のだるまと雪人形を掛け合わせて雪だるまとゆばれるようになったのだとか。

だるまは座禅を組んでいるのることから体が2段式に分かれています。
一方、海外ではSNOWMANといい、雪でつくった男の人が由来になっているそうです。
そのため、頭と胴体と足の3段式になっているんですよ

今年の北のどん兵衛 チューブスライダー。

巨大滑り台です。

長さ約100mの雪のすべり台!チューブを利用して滑走します!スリル満点ですね。

 

PRスペースで試食させてもらった、ハル北海道のだし汁です


ハル北海道のHPには、だし汁を使ったおいしいそうなレシピが載ってました

⇒株式会社ハル北海道のHPは、こちらです

J:COMブースがあってここでクイズに答えるとお菓子がもらえます!

 

 

その他にも 映画ドラえもん のび太の月面探査機のスタンプラリーがありました。つどーむ雪祭り屋内会場で5つのスタンプを集めると、プレゼントがもらえますよ!

つどーむ雪祭りの会場へのアクセス情報

住所: 〒007-0852北海道札幌市東区栄町885番地1
電話: 011-784-2106

※情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをお勧めします

ABOUT ME
いまちゃん
札幌で生まれ、札幌で暮らしています。 介護職をしながら北海道の魅力を発信しています。 北海道には、JR・バス・地下鉄を使っていける場所に素晴らしい観光スポットがあるので「歩いて行ける観光情報」を中心に発信中です。 他にも「介護のお仕事について」「節約レシピのコツ」もお届けしています