道央

飛行機好きな方におススメ!札幌の穴場観光スポット『丘珠空港』

こんにちわ!!『札幌☆わくわく生活』のいまちゃんです!

飛行機好きな方におススメの札幌の穴場スポット「丘珠空港」を紹介します!!

北海道の飛行機の撮影スポットと言えば、新千歳空港ですが・・・

丘珠空港もプロペラ機など飛行機が撮影できますよ!!

飛行機を眺めることができるレストランがあって

とってもワクワクしました!!

歴史を学べる「札幌いま・むかし 探検ひろば」

「札幌いま・むかし探検ひろば」にいってきました

飛行機雑学クイズ、札幌の出来事や、人口の推移などパネル形式で展示されていました。

丘珠村の誕生や丘珠地区の産地として有名な玉ねぎなどについて紹介されていました。

飛行機も見ることができるし、子供の自由研究に

きてみたらいいのではないかなと思いました。

映像でも楽しむことができます

電源コーナーやWi-Fiも使用できます。

机や椅子もありますので、飛行機に乗るまでの待ち時間を利用し、パソコンの作業をしているサラリーマンもたくさんいましたよ

丘珠空港の展望デッキ

展望デッキには、柵があるので、その隙間から写真を撮影してみました!

柵には、カメラ穴などは、ないので大きなカメラですと、撮影するのは、
難しいかもしれません・・・

飛行機がいない時間帯もあるので、飛行機の発着時間や、到着時間を確認してから
行くほうがいいと思います。

以前、丘珠空港に行ったときは、全く飛行機がなくて撮影できませんでした。

飛行機を眺められるレストラン「丘珠キッチン」

丘珠空港内にある、「丘珠キッチン」に行ってきました。

丘珠キッチンには、丘珠カレーと丘珠ラーメンという丘珠の玉ねぎを利用した

人気メニューがあるということで行ってきました。

本日は、札幌の丘珠でつくられた玉ねぎを使ったカレーライスを食べてみました。

カレーにかかっているフライドオニオンがとてもおいしかったです

玉ねぎが日本で一番最初に作られたのは、なんと札幌なんですよ!

知ってましたか?

明治13年(1880年)に玉ねぎが作られたんですよ。

玉ねぎは、もっと昔から食べられているのかと思っていましたが、

最近になってから、日本でつくられたのが驚きました。

 

丘珠キッチンの窓側の席は、時間帯によっては、飛行機をみながら
お食事ができます!!

私が行ったときは、曇っていましたが、

天気が良くて条件があえば、たくさんの山を見ながら

飛行機も楽しむことができる

とっても素敵なレストランですね。

丘珠キッチンから条件が合えば見える山

◎雄冬岬(おふゆみさき)

◎群別岳(ぐんべつだけ)

◎暑寒別岳(しょかんべつだけ)

◎神居尻山(かむいしりやま)

◎ピンネシリ

◎隈根尻山(くまねしりやま)

◎美唄山(びばいやま)

◎十勝岳(とかちだけ)

◎芦別岳(あしべつだけ)

◎夕張岳(ゆうばりだけ)

 

幻の玉ねぎで作られたアイスクリーム

お土産ショップ「スカイショップおかだま」に売っていた玉ねぎのアイスクリーム
「伏古発 玉ちゃんアイス」です

苦味などは、全くなく口当たりがまろやかなアイスクリームでした。

札幌黄という玉ねぎの品種をつかっています。
「札幌黄」は、加熱調理にすると辛みが消えて甘くなるのが特徴です!

昭和50年までは、札幌黄は、札幌でたくさん生産されていました
しかし病気に弱いなどいろいろな理由からあまり作られなくなったのです。

「伏古発 玉ちゃんアイス」は、今は、「幻の玉ねぎ」と言われているほど
貴重な玉ねぎで作られたアイスクリームです

その他にも、スカイショップ丘珠には、「札幌黄」を使ったタレをつけこんだ
ホルモンなどが売っています

まとめ

丘珠空港では、産直市やイベントなど定期的におこなっています。

その他、丘珠空港近郊には、丘珠陸上自衛隊やつどーむ等があります。
丘珠陸上自衛隊の空港ショーや、つどーむの雪祭りなどイベントの帰りなどに観光してみては、いかがでしょうか?

丘珠空港のアクセス情報

グーグルマップでご覧になる場合は、下記の地図をクリック(タップ)
してくださいね

〒007-0880 北海道札幌市東区丘珠町

駐車場は、1時間までは、無料。丘珠空港のイベントの時や、空港ビル内にある「丘珠キッチン」や、「スカイショップおかだま」を利用すると当日のみ2時間駐車場代は無料した!

※情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします

 

ABOUT ME
いまちゃん
札幌で生まれ札幌で暮らしています。 私は、車の運転は、あまりしないため、JR ,バス、地下鉄を利用して生活しています しかし、交通機関を使うとどうしても行ける場所が限られています。 JR ,バス、地下鉄の交通機関をつかって 美味しいグルメや、景色を楽しむ一人旅を 楽しめる方法を発信していけたらと思います。