道央

明治13年に貴賓接待所として建てられた清華亭

こんにちわ!!『札幌☆わくわく生活』のいまちゃんです!
1881年に明治天皇が北海道の開拓の様子を
視察に来た時に休憩する場所として
たてられた札幌指定有形文化財の清華亭へ行きました。

 

玄関のたたきや土台の石は、札幌軟石が使用され
札幌の石山から採堀されたそうです。

清華亭の特徴は、日本の伝統的な和風建築と欧米の洋風建築が
混ざった「和洋折衷」の建物です

和室は15畳で日本の伝統的な書院風作りになっていて
壁は、京壁づくりです

清華亭の写真などの記資料が展示されています

窓は、明治時代では珍しいベイ・ウインドウの出窓になっています
出窓の中央は両開きで両端が片開になっています

外壁は「下板見張り」で壁が1枚1枚はめ込み式になっているのが特徴です
隙間風などが入らないのでこの当時では寒地型住宅と
いえる作り方になっているとのことでした。

札幌では、時計台や、豊平館などでも「下板見張り」になっています。

この建物ができた、明治の初めは、周りは樹木で覆われていて近くには
川も流れていて秋には、鮭も上がっていたそうです。
明治時代から開発がすすんで現在のような素敵な札幌へ
変化していったんですね。

過去と現代の建物くらべながら観光するのもたのしいと思います

清華亭へのアクセス情報

グーグルマップでご覧になる場合は、下記の地図をクリック(タップ)
してくださいね

住所 札幌市北区北7条西7丁目
営業時間 9時〜16時
定休日 年末年始
料金 無料
駐車場 無し
TEL 011-746-1088

※情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをお勧めします

 

 

ABOUT ME
いまちゃん
札幌で生まれ札幌で暮らしています。 私は、車の運転は、あまりしないため、JR ,バス、地下鉄を利用して生活しています しかし、交通機関を使うとどうしても行ける場所が限られています。 JR ,バス、地下鉄の交通機関をつかって 美味しいグルメや、景色を楽しむ一人旅を 楽しめる方法を発信していけたらと思います。